Airpods pro 水没。 AirPodsを水没・洗濯してしまった時の復活方法と注意点まとめ!|ガジェッとーよ

AirPodsを水没・洗濯してしまった時の復活方法と注意点まとめ!|ガジェッとーよ

水没 airpods pro 水没 airpods pro

先月、先日ばかりのAirPods Pro。

5
とにかく乾かす• そこで、引き出しに使っていた「水とりぞうさん」の存在を思い出しました。 AirPods Proの防水ケース「スリム・アーマー IP」が発売! 「スリム・アーマー IP」は、 ソフトなシリコン素材を使用したオープン型の密着型防水ケースです。

AirPodsを水没・洗濯してしまった時の復活方法と注意点まとめ!|ガジェッとーよ

水没 airpods pro 水没 airpods pro

だからこそ今回、AirPods Proに対汗・耐水機能が搭載されたことで多くのユーザーが歓喜の声をあげました。

5
(でも今回復活できたのは、少なからず、この「耐水」性能のおかげもあるんだろうなあと思います) Airpods proが水没から復活した方法 まずは解決方法をインターネットでぐぐりました。 1,まずは冷蔵庫にAirPodsをIN 私のAirPodsは乾燥機にもかけられていたんですが、念のため 1晩冷蔵庫に入れておくことにしました。

AirPodsが水没した時の直し方とやってはいけないこと

水没 airpods pro 水没 airpods pro

ただ先に伝えておくとAirPods Proは完全防水ではありません。 万一洗濯してしまった時は焦らず冷蔵庫に入れておきましょう• シャワーや蛇口など、流水に AirPods Proをさらす• AirPods Pro は、水上または水中でのスポーツ スイミングなど やシャワーでの使用は想定していません といった予測範囲内の情報を得まして落胆。 なので拭いた後動作するからといってそのまま応急処置をせずに使用を続けてしまうと動かなくなってしまいます。

9
「あれ!?AirPods忘れちゃった?」 「ん?そういえば昨日服の中に入れっぱで脱いじゃったんじゃ・・・」 ヤバイ!!いつも必ずポケットからAirPodsを出して洗濯カゴの中にいれているのに、、、 昨日はボーっとしててポケットに入れたまま出してる!! 、、、奥さん洗濯するときポケットのチェックしてるよね!?!? という事で帰宅後捜索を開始。 理由としては、 汚水や泥を洗い落とさずに乾燥させると不純物が内部に入り込んだまま故障する場合があるからです。

AirPodsを水没・洗濯してしまった時の復活方法と注意点まとめ!|ガジェッとーよ

水没 airpods pro 水没 airpods pro

(ちなみに、電気で動く商品の 故障原因第1位が「ショート」です。

充電ケースに入れる• AirPods ProはIPX4等級の「対汗・耐水機能」があると、商品説明のページに記載されています。

AirPod Proの防水性能はどのくらい?IPX4とは。シャワーやプール、雨は大丈夫?

水没 airpods pro 水没 airpods pro

数日程度、 風通しの良い日陰の場所にAirPodsを置いてしばらく自然乾燥させてください。 自宅でAirPods Proを装着してゾーンに入って作業中に彼女から「店忙しいのでヘルプ〜」とLINE• 水没直後に、妻が焦ってケースで充電するなど「通電」させなかったこと 多分、水濡れ直後に充電したらショートして完全死亡していただろう。 なので、 AirPodsが水没したときは 充電ケースに入れてみたり、聞こえるか試したりするのは絶対にやめましょう! 水没してから復活させるまでの手順 1 まずは拭く まずはタオルなどで優しく、拭いてあげましょう。

もし直らなければAppleでイヤホンの交換、もしくは 使用できる充電ケース(本体)をメルカリなどで売って新品(か中古)の購入を検討しましょう。 誤って水没させました。

Air pods proを洗濯して水没させたけど『水とりぞうさん』で復活できた話/音質の変化など

水没 airpods pro 水没 airpods pro

注意事項 水没は、残念ながら自己責任です。 あと、AirPodsはお米の中に埋めてあげてください。 iPhoneの水没後にすぐに電源を切らずに使用を続けてしまい、その後ドライヤーの温風を送り続けました。

7
聞けば、 左右のイヤホンが完全に動作して、音も今まで通りきこえるようになったと。 とりあえず使ってみるも「左側のイヤホン」のみ動作せず この状態で、とりあえずiPhoneからペアリング操作を行い、使ってみた。

愛しのAirPodsが水没!そして復旧!?水没からの一部始終をご紹介

水没 airpods pro 水没 airpods pro

防水内容 IPX0 保護されていない IPX1 鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない IPX2 鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない IPX3 鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない IPX4 あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない IPX5 あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない IPX6 あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない IPX7 一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない IPX8 IPX7よりも厳しい条件で水没しても内部に浸水しないもの AirPods Proの本体(イヤホン部分)は、 耐汗・耐水性能の「IPX4」に対応しています。

8
充電ケースを防水使用にするケースなんかも発売されているので、使用するのもありです。 ノイズキャンセリング機能を発揮してください。