詰め寄る 意味。 詰める(つめる)の意味

「憮然」「呆然」「茫然」「唖然」「悄然」の違いと使い分け

意味 詰め寄る 意味 詰め寄る

㋑最後・限度まで…する。 接触するほど相手に迫る この意味は、「競争など」で用いられます。

6
11 決まった場所に出向き、用事に備えて待機する。

「肉薄」の意味と使い方・類語・読み方・由来・用例|薄肉

意味 詰め寄る 意味 詰め寄る

7 将棋などで、王将の逃げ場がないようにする。 。 「迫る」も「身をもって」同様、先ほどありましたように「圧倒するような勢いで近づいてくる」ことを意味します。

13
「呆然」は「 ぼうぜん」と読みます。

詰める(つめる)の意味

意味 詰め寄る 意味 詰め寄る

行きづまらせる。 「茫然」には二つの意味があります。 悄然たる後ろ姿• 「迫る」の「迫」は「はく」とも読めるため、「身をもって責める(鋭く相手に迫る)・接触するほど相手に迫る」の意味で「にくはく」と読む場合は「肉迫」と書くこともできます。

1
以上を踏まえると、「身をもって」が表していることは「自ら非難する・悩ませる・痛めつける」と「余裕はないが目的を成すための積極的な働きがけをする」の2つが考えられます。

詰める(つめる)の意味

意味 詰め寄る 意味 詰め寄る

にくはく 2つ目は、「にくはく」です。 ㋒一面に…する。

ぎっしり入れてすきまがないようにする。

詰める(つめる)の意味

意味 詰め寄る 意味 詰め寄る

「落選と聞いて、落ち込む」というニュアンスになります。 悄然としてうつむく というような使い方をします。 関西地方では、ドアなどに指をはさむことをいう。

19
憮然たる思い• 二つ目の意味は「呆然」と同じです。 「茫然」の意味は、• しかし、近年「憮然」を「 ムッとする、不機嫌になる」という意で使用することが増えています。

「肉薄」の意味と使い方・類語・読み方・由来・用例|薄肉

意味 詰め寄る 意味 詰め寄る

煮つめる。 「悄然」の意味は「 気にかかることがあって、元気がないこと」です。 12 (動詞の連用形に付いて)• 憮然とした表情• 話し言葉として使うことは少ないです。

10
「憮」は「へこむこと、肩を落とすこと」、「然」は「状態を表す語」を意味します。 ㋐身動きできないような状況に追いこむ。

詰める(つめる)の意味

意味 詰め寄る 意味 詰め寄る

「肉薄」の読み方は2つある! 「肉薄」の読み方は、2つあります。

3
4 節約する。 きりつめる。

詰める(つめる)の意味

意味 詰め寄る 意味 詰め寄る

ショックを受けるような出来事に遭遇したり、自分が予測していなかった相手の態度や言葉が返ってきて驚いた場合などに使います。

「茫」は「はっきりとしていない、ぼんやりしていること」を意味します。

詰める(つめる)の意味

意味 詰め寄る 意味 詰め寄る

「呆」は「意外なことに驚くこと、あきれること」を意味します。 「肉薄」という言葉を見聞きした時にイメージすることは人により違う可能性がありますが、この言葉が持つ意味は「肉が薄い」「身をもって責める(鋭く相手に迫る)」「(競争などで)接触するほど相手に迫る」「身をもって敵地に迫る」の4つです。

13
その意味が転じて、「鋭く詰め寄る(迫る)」の意味が誕生したと言われています。