明礬 温泉 湯の里。 『別府・明礬温泉(湯治)へ行く の巻♪ 【えびすや】 湯の里&鶴寿泉 ①』別府温泉(大分県)の旅行記・ブログ by 豚のしっぽさん【フォートラベル】

別府の明礬温泉にある「共同浴場(公衆浴場)」についてまとめました|日本の秘湯

湯の里 明礬 温泉 湯の里 明礬 温泉

激しい雨の中、白いお湯と湯の香が身体をやさしく包みました 露天風呂の入口 撮影はここまで 国道500号を山手へと進むと、明礬の信号を少し過ぎたあたりに、田舎の風情漂う目立つ白い建物があります。 清潔感がある湯船と「硫黄泉」のコラボが素敵です。 夜になれば飲食店や別府タワーなど繁華街のネオンが煌く。

4
それを最大限に生かし、保存し、地域の誇りを後世に受け継いでいけるよう、「重要文化的景観」の選定を受けました。

*別府明礬温泉*オススメの観光スポット

湯の里 明礬 温泉 湯の里 明礬 温泉

当時の一千両は今で言えばおよそ1億~2億円なので、大変需要があったと言えます。

19
2の酸性硫黄泉です。

*別府明礬温泉*オススメの観光スポット

湯の里 明礬 温泉 湯の里 明礬 温泉

通り沿いに茅葺屋根と湯けむりの上がる「湯の里」があります。 また、別府では珍しい「含アルミニウムー硫酸塩泉」の泉質です。 ただ、外国人向けのツアーバスなんかも入って来るので、タイミング次第かもしれません。

20
温泉は観光や、市民生活だけでなく、古くは明礬の生産から、地熱発電、医療、花き栽培、養魚業、最近では温泉泥美容までさまざまな産業に幅広く利用されている。 露天風呂の隣には、小さな内湯が。

【公式】別府・明礬温泉 岡本屋売店(元祖地獄蒸しプリン)

湯の里 明礬 温泉 湯の里 明礬 温泉

別府市内で一番の高台にある日帰り温泉施設「明礬 湯の里」。 それ以外にも、食事処やお土産屋なども併設されているので、長時間楽しめてオススメです。

かなりの有名スポットで、観光客の数も多いところ。

【明礬 湯の里】アクセス・営業時間・料金情報

湯の里 明礬 温泉 湯の里 明礬 温泉

北九州方面からは東九州自動車道別府IC・県道52号または国道10号利用。 現在の製品である湯の花は、寛文4年 1664 には「豊後ミョウバン」としてつくりだされており、享保年間 1725~ には全国一の生産量を誇っていました。 それでは、早速以下で詳しく見ていきましょう。

2
電話番号• 別府八湯すべてに共同浴場(公衆浴場)があります。 階段を上がると休憩所と受付があります。

大分県 温泉 日帰り 立ち寄り 別府市 明礬温泉

湯の里 明礬 温泉 湯の里 明礬 温泉

なによりも、周囲にたちこめる硫黄の匂いは、ここが別府硫黄泉の本拠地だと言っても過言ではありません。 今回の記事が、旅行中の楽しいきっかけになりますように・・。 ちなみに、湯の花小屋は明礬温泉一帯に点在していますので、湯の花小屋だけ見たい方はそばの明礬湯の里で無料で見学することもできます。

手指の消毒をお願いいたします。

大分県 温泉 日帰り 立ち寄り 別府市 明礬温泉

湯の里 明礬 温泉 湯の里 明礬 温泉

別府八湯(べっぷはっとう)、別府温泉郷(べっぷおんせんごう)とも呼ばれる。 いわゆる泥の温泉で、泥パックが楽しめます。 眺めが良いと評判の露天風呂でしたが、お湯自体は印象が薄く残念。

19
基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。

明礬温泉 明礬 湯の里 日帰り入浴 ★★★+

湯の里 明礬 温泉 湯の里 明礬 温泉

アクセス• 湯元屋旅館 住所:〒874ー0843 大分県別府市明礬3組 電話番号:0977-66-0322 営業時間(立ち寄り湯可能時間):10時00分〜20時00分(受付は19時00分まで) 入浴料金:500円 「鶴寿泉」の正面にある旅館です。

8
電話番号• 混雑具合:普通• 1664年の明礬採取開始から紆余曲折の末に、1734年には幕府に明礬会社の設立が認められ、日本国内の明礬の製造、販売権を独占し、年間の収益は約一千両に及んだそうです。 (笑) あくまでも、普通に一般の方が入浴できる 「明礬温泉の共同温泉(公衆浴場)」をご紹介します。

大分県 温泉 日帰り 立ち寄り 別府市 明礬温泉

湯の里 明礬 温泉 湯の里 明礬 温泉

カピカピに乾燥した泥を灰色の湯で洗い落とせば、あらステキ。 敷地内には明礬ならではの硫黄泉が楽しめる絶景露天がありますよ。 お風呂の中は撮影できませんので、苑内に飾ってあった写真でご説明します。

9
日帰り温泉は大浴場が一番奥の高台にあり、家族風呂は苑内中央右側にあります。 そこが、別府の「明礬温泉エリア」です。