ナショナル ズ 対 ヤンキース。 大リーグ地区シリーズ ヤンキース勝ち2勝2敗 決着は第5戦に

MLB

ズ 対 ヤンキース ナショナル ズ 対 ヤンキース ナショナル

で初の達成。 セントルイス・カージナルスは、ロサンゼルス・エンゼルスからウェーバーのを獲得。

7
フィラデルフィア・フィリーズはニューヨーク・メッツからFAのと5年1億1800万ドルの契約に合意。 1921年からを通じて、ワールドシリーズでジャイアンツと相まみえ、1度目、2度目は敗れたが、1923年には雪辱を果たした。

ナショナルリーグ東地区

ズ 対 ヤンキース ナショナル ズ 対 ヤンキース ナショナル

ニューヨーク・メッツのがナショナル・リーグの新人記録を更新する40号本塁打。 読売ジャイアンツの前にはと業務提携を行なっていた。 ブレーブスは3連勝で19年ぶりにリーグ優勝決定シリーズに進みました。

18
マリスは1967年にカージナルスに移籍し、1969年春のキャンプ地でミッキー・マントルは満身創痍で現役引退を表明し、ヤンキースの凋落は1965年から1975年までの11年間にBクラスが8回になるほどに続いた。 000 アンドリュー スティーブンソン、LF アンドリュー スティーブンソン、LF 2 0 0 0 0 2. アリゾナ・ダイヤモンドバックスのがロサンゼルス・ドジャース戦で史上51人目となる通算200を達成。

ナショナルリーグ西地区

ズ 対 ヤンキース ナショナル ズ 対 ヤンキース ナショナル

2019年8月1日閲覧。 クリーブランド・インディアンスのとボストン・レッドソックスのを交換トレード。 シカゴ・カブスのがシカゴ・ホワイトソックス戦で史上38人目(左投手では10人目)となるを達成。

15
336、11本塁打、18打点を記録し、月間MVPを受賞した。

2019年のメジャーリーグベースボール

ズ 対 ヤンキース ナショナル ズ 対 ヤンキース ナショナル

ミルウォーキー・ブリュワーズ [ ]• 暴投で二進も無得点 ヤンキースは7回裏、3者凡退 レッドソックス8回表、1死からヌネスが左二塁打。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ミルウォーキー・ブルワーズはタンパベイ・レイズからFAのと1年450万ドルで契約合意。

20
が、と1年契約。

ナショナルリーグ東地区

ズ 対 ヤンキース ナショナル ズ 対 ヤンキース ナショナル

89 捕手• 345・10本塁打・29打点と復調。 5月 [ ]• Dazzy Vance• 000 グレイバー トーレス、SS グレイバー トーレス、SS 2 0 0 0 1 0. ジョシュ・ヘイダー (RP・左)• ワシントン・ナショナルズのがサイクルヒットを達成、2度の達成は史上26人目。

19
は1997年の一年間、で、同じ釜の飯を食べた仲。 その後もと優勝争いを繰り広げ、にワールドシリーズに出場。

ついに待望のエース獲得!ヤンキースの補強を徹底検証!【2019

ズ 対 ヤンキース ナショナル ズ 対 ヤンキース ナショナル

317 10 12-18 7-23 0-0 16-24 0-0 - 2020年10月28日 13時30分 更新• サンディエゴ・パドレスは、シアトル・マリナーズからFAのと1年契約。

7
公式戦全日程終了。

大リーグ地区シリーズ ヤンキース勝ち2勝2敗 決着は第5戦に

ズ 対 ヤンキース ナショナル ズ 対 ヤンキース ナショナル

トロント・ブルージェイズはオークランド・アスレチックスからFAのと2年2400万ドルの契約に合意。

ワシントン・ナショナルズがミルウォーキー・ブルワーズにで勝利し、ナ・リーグ進出。

大リーグ地区シリーズ ヤンキース勝ち2勝2敗 決着は第5戦に

ズ 対 ヤンキース ナショナル ズ 対 ヤンキース ナショナル

ここ2年間に関しては怪我で欠場しており、マイナーの試合さえ出場できていない状況。

は、と1年契約。