虎穴 に 入ら ずん ば 虎 子 を 得 ず。 教えてください。虎穴にいらずんば虎子得ず?この意味は虎の穴に入れば虎の子...

教えてください。虎穴にいらずんば虎子得ず?この意味は虎の穴に入れば虎の子...

子 ず ば 虎穴 得 に を 入ら 虎 ずん 子 ず ば 虎穴 得 に を 入ら 虎 ずん

例文2. 危ないことは怪我のうちというだろう、そんな一か八かの賭けはしないでくれよ。 中国が漢(かん)国の時代のころ、 班超(はんちょう)という人が、善善(ぜんぜん)という国へ行き、 漢の国に降伏させようとしました。 よくないことが起こりそうなこと。

20
いつまでもこんなつまらない事務なんか執(と)っていられません」と、平凡な事務屋の度肝を抜くような大言壮語を吐いていました。 でもどうしても成功させたい商談だから、このまま進めてみよう。

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」の意味とは?由来や類語も紹介

子 ず ば 虎穴 得 に を 入ら 虎 ずん 子 ず ば 虎穴 得 に を 入ら 虎 ずん

「匈奴から使者が来て数日になりますが、今どちらに滞在ですかな。

16
」 胡人の召使は恐れおののき、すべて白状してしまった。

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」とは?意味や使い方をご紹介

子 ず ば 虎穴 得 に を 入ら 虎 ずん 子 ず ば 虎穴 得 に を 入ら 虎 ずん

得る=「える」と読み、とらえる。

19
班超は〈虎穴に入ずんば虎児を得ず〉と,部下36人を率いて匈奴の営を襲い,使者ら百余人を焼殺した。 即ち、虎子=武勲を挙げ、信任を得て栄達を為す事と解釈します。

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」の意味とは?由来や類語も紹介

子 ず ば 虎穴 得 に を 入ら 虎 ずん 子 ず ば 虎穴 得 に を 入ら 虎 ずん

大きな成果を得るためには、身の危険を冒すことも必要だというたとえ。 當今之計,獨有因夜以火攻虜,使彼不知我多少,必大震怖,可殄盡也。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」を使った例文 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」は、成功を収めるために困難な状況を乗り越えなくてはならないときに使われます。

「君主危うきに近寄らず」• 字は仲升,班彪の子,斑固の弟。 匈奴の使者の首を示すと、国中が驚き恐れた。

虎穴に入らずんば、虎子を得ず(こけつにいらずんば、こしをえず)

子 ず ば 虎穴 得 に を 入ら 虎 ずん 子 ず ば 虎穴 得 に を 入ら 虎 ずん

中国語: 出典 [ ] 『後漢書』班超伝 白文 [ ] 超曰、「 不入虎穴,不得虎子。

19
「虎の穴に入らなければ、虎の子供を得ることはできない。 1.「虎穴(こけつ)に入らずんば虎子(こじ)を得ず」の意味 これは、「危険を避けていては、大きな成功もあり得ない」ということのたとえです。

『虎穴に入らずんば虎子を得ず』の意味【由来・例文・反対語・類語・英語表現も解説】

子 ず ば 虎穴 得 に を 入ら 虎 ずん 子 ず ば 虎穴 得 に を 入ら 虎 ずん

永平五年、兄班固(はんこ)が校書郎に任ぜられ、班超と母は兄に従い洛陽に行った。 なぜ、虎の子どもが欲しいのか、その理由は分かりませんが、恐がらずに、あぶないことを 試してみれば、欲しいものが得られるということと思います。

11
」 と、班超は言って、匈奴の部隊を襲い、たった36人で匈奴の部隊を全滅させました。

虎穴に入らずんば、虎子を得ず(こけつにいらずんば、こしをえず)

子 ず ば 虎穴 得 に を 入ら 虎 ずん 子 ず ば 虎穴 得 に を 入ら 虎 ずん

「賢人は危うきを見ず」• 昼間は穴の中にいて夜になると動きだす。 欲しい=「ほしい」と読み、じぶんのものにしたい。

13
当今の計、独だ夜に因りて火を以て虜を攻むること有るのみ、彼をして我の多少なるを知らざらしむれば、必ず大いに震怖し、殄盡すべし。

教えてください。虎穴にいらずんば虎子得ず?この意味は虎の穴に入れば虎の子...

子 ず ば 虎穴 得 に を 入ら 虎 ずん 子 ず ば 虎穴 得 に を 入ら 虎 ずん

家が貧しく、役所のために書物を書き写す仕事をし、母を養っていた。 虎穴に入らずんば、虎子を得ず。

15
賢明な人間なら事が芽生えてすぐにも気付くものだ、ましてやこの状況では誰の目にも明らかであろう。 もともと清貧で有名な家柄のうえに、父親が膨大な史料集めに家産を傾けてしまっていたので、班超もこと志と違って退屈な役所勤めで文書を書き写す仕事をして親を養っていました。